FZR750R

国内販売500台限定「FZR750R」

5バルブの4気筒エンジンの開発が成功したことによって市販車両に続々とその5バウ部エンジンを搭載していったヤマハ、それによって作られた750ccクラスのモデルにFZ750というモデルがありました。

このモデルは当時のレーサーレプリカモデルに人気に乗じた形で発売されたもので、このモデルにもセミカウルが搭載されていました。

しかし、スズキからGSX-R750という更に優れたモデルが発売されたために、ヤマハとしてもそれのさらに上を行くモデルを作るしかなく、そういったことによって、FRZ750というモデルを作りました。

このモデルは、輸出向けとして作られていたFZR1000の車体を使って、それにFZ750に搭載されていた750ccエンジンを搭載する形で作られ、FZ750でデメリットとなっていた重量を克服した形で作られました。

このモデルではFZ750よりもよりスパルタンなモデルとなり、セミカウルもフルカウルに変更され、エンジンパワーもさらにパワーアップしたことによって、国内外でモータースポーツのベースモデルとして使われることもありました。

しかし、上にはさらに上がいるもので、このモデルをベースにして、スーパーバイクというカテゴリーに参戦するためのモデルを作ったのです。それがFRZ750Rです。

基本的な部分はFZR750と同じとしながら、細かい部分はロードレーサーであったYZF750で培った技術を取り入れて作られているため、より一層ハイパワーで戦闘能力の高いモデルとなりました。

しかし、現存するモデルは非常に少ないのが欠点で、価値もそこそこ高いものとなっています。

それもそのはず、このモデルはいわゆるホロモゲモデルというもので、レースに参戦することができるモデルとして最低限何台以上市販しなければならないという条件をクリアするために売られたものなのです。
台数は国内でたった500台。

当時で500台しかなかったものが今たくさんあるわけがありません。

 

サイトマップ