RZ250

80年代2ストブームはこのバイクから「RZ250」

中型二輪免許で乗れるオートバイというのは400ccまでということになりますが、これは免許制度によって区切られたものです。

その中でも実はもう1つ法律によって区切りがあって、それによって作られているのが250ccモデルということになるのですが、何によって区切られているのかというとそれは車検です。

車検というのは、その車両が保安基準に合っているかどうかの確認をするものですが、それと同時に違法改造のチェック、税金の強制納税を行うための機能を持っているのです。

車検にしても納税にしてもオートバイを好むような若年層にとってみれば大金がかかることであって、それを避けたいがためにあえて250ccモデルを選ぶ方が多いのです。

しかし、このヤマハのRZ250に関してはそれだけを避けるためだけに選ばれるのではなく、違法改造の定期的なチェックを避けるためでもあるのです。

RZ250は4ストロークエンジンが全盛の時代の中で、あえて2ストローク2気筒エンジンを搭載して作られました。

これはロードレーサーのTZ250の公道モデルとして作られたもので、非常に優れた走行背右脳を持っていたモデルでした。

エンジンは当時としては非常に珍しい水冷式で、2ストローク2気筒、キャブレターを採用したもので、当時の250ccクラスのものとしては最高値となる35ps発生させていました。

走りはまさにTZであって、軽量ボディにパンチのある2ストロークエンジンを搭載したこのRZ250は格上の400ccクラスのモデルをも負かすぐらいの性能を持っていました。

こういったモデルである以上、買った方は自然と改造を始めることになります。

チャンバーの取り付け、キャブセッティング、バックステップにクリップオンハンドルなどといった一部に違法改造を含むことをする傾向があるので、車検があると困るわけです。

そこで格上でもっとパワーのあるRZ350ではなく、あえてRZ250を選ぶことになるのです。これがRZ250で改造車が多い理由です。

 

サイトマップ