RZ350

ナナハンキラー「RZ350」

4ストロークエンジン主流の中で2ストロークエンジンを得意とするヤマハが発売したモデルがRZ350です。

格下モデルのRZ250と同時に発売され、後のRZ125、RZ50とRZシリーズを構築していくわけですが、その内のフラッグシップモデルといえるのがこのRZ350です。

空冷式2ストローク2気筒エンジンを持つこのモデルは、350ccと400ccクラスの中では排気量面で不利がありますが、45psというホンダからCBX400Fが出る前までの400ccクラスの標準的なパワーを持ち、更に2ストロークエンジン特有のトルクフルな動力性能、中回転以降のとてつもない加速力は45psごとき低いものではなく、750ccモデルをもカモにできるぐらいのものを持っていました。

車検があるため、RZ250用に派手な改造はできないものの、チャンバーとキャブセッティングだけで、かなりのパワーアップをすることができ、峠などを走らせたらこのモデルの右に出るものはないといっていいぐらいの性能を破棄することができました。

現在の中古車市場ではほとんど出回ることがなく、価値としてはかなり高いものを持つのですが、こういったモデルだけあって、やはり他のモデルと比べて転倒しているモデルが多く、時にフレームがゆがんでいるものもあります。

残念ながら修理しようとしても部品がほとんどなく、それこそもう1台部品取り用にRZ350を購入した方が安上がりになるほどのものとなります。

それに2ストロークであるため燃費が悪く、2ストローク用オイルも必要となるため、維持費が非常にかかります。

ですのでRZ350は普段使いのオートバイとして乗ることは難しいのではないかと思います。

 

サイトマップ