XJ400D

ヤマハ初の4気筒エンジン「XJ400D」

1980年台の中型モデルは変化の年でした。

それまで4ストローク2気筒エンジンを搭載するの定番となっていたこのクラスにカワサキがZ400FXという、直列4気筒エンジンを搭載したモデルを投入してきたのです。

2気筒エンジンと比べて高回転までスムーズに回る4気筒エンジンはスピードを出したがる若年層が主力ユーザーである中型モデルクラスで大人気となりました。

それを見ていたヤマハは、スズキやホンダよりも素早く対応し、4気筒エンジンを搭載したモデルを急いで作り、それを発売させたのです。それがXJ400というモデルです。

ヤマハは2ストロークエンジンを好んで使うメーカーでしたが、Z400FXが余りにも評判が良いことから、出さないわけ行かなかったということらしいです。

その最終進化モデルとして作られていたのがXJ400Dというモデルでソリッドのディスクローターから、穴あきディスクエンジンパワーは45psというZ400FXを上回るパワーを持ち、その後スズキからGSX400FやホンダからCBX400Fが出るまでは、400ccクラスで一番パワーのあるモデルとなっていました。

ローターに変更されたのが大きな変更点となっています。

カワサキのZ400FXが、どちらかというと当時の不良に好まれ、族車としてよく使われていたという荒々しい性格を持っているのに対し、ヤマハのXJ400Dは正統派の中型モデルとして扱われるようになりました。

 

サイトマップ