XJ400スペシャル

スポーツアメリカン「XJ400スペシャル」

カワサキに追いつけ追い越せといった形で作られた4気筒エンジンを搭載した400ccモデルのヤマハのXJシリーズ。

 

XJシリーズには今の言い方でいうところのネイキッドモデルの他にXJ400スペシャルというモデルがありました。

 

ヤマハのオートバイにおいて「スペシャル」と名前が付くモデル、当時の曜日方でいうところの「アメリカン」モデルであり、このXJ400スペシャルもXJ400シリーズのアメリカンモデルということになります。

 

XJ400Dと大きく違うところは大きく跳ね上がった通称、チョッパーハンドルといわれていたブルバックハンドルにティアドロップ形状のガソリンタンク、段付きシート、短いマフラーエンドなど、アメリカのハーレーダビッドソンのモデルをモチーフにしたデザインが採用されたいたことです。

 

エンジンや性能などXJ400Dとほぼ同じで、フレームも全く同じものを使っています。

 

当時はXJ400Dが販売主力となっており、このXJ400スペシャルは少数派でしたが、当時は限定解除を簡単にできる事態ではなかったので、ハーレーダビッドソンなどのアメリカのオートバイにあこがれる方のよく買われていたものでした。

 

同時の当時はやっていたドレスアップがミッドナイトスペシャル化です。

 

これは輸出仕様のモデルのメッキ部分をすべて金色めっきにし、塗装はすべてブラックといった、金と黒のコントラスト用いたデザインがされたモデルの真似をしたものです。

 

当時は逆く輸入も難しかったこともあってXS1100ミッドナイトスペシャルのあこがれを持つ方が行っていました。

page top